マンションQ&Aサイト。専門家が新築マンションの悩みにお答え!マンションの事なら何でも解決!

マンションってどうよ?関西版 マンションってどうよ?関西版 初めての方へ サイトマップ
マンションってどうよ?関東版
ホーム 専門家に聞く! マンション周辺情報 マンションブログ集 希望物件を探す 四天王コラム 用語集 みんなの広場
マンションってどうよ?関東版ホーム > マンションの専門家に聞いちゃおう! > ローンと税金 > 年収でみた借入額と返済率について
専門家に聞いちゃおう! 現在の質問総件数:12213  
マンションの購入でお悩みのあなたへ。100人の専門家から無料でアドバイスをもらえるサービスです。

質問検索

無料相談はこちらから 質問する
ローンシミュレーション
おすすめ
(免責事項)
専門家の回答はあくまでも参考アドバイスです。
それにより消費者の方に損害が発生した場合でも当NPO法人では一切責任を負いません。
質問 年収でみた借入額と返済率について
質問者:うめ さん 質問日時:2009年05月04日 12時17分19秒 回答件数:4
マンション購入を考えています 
借入額と返済率の差について教えてください。

主人(36歳)の額面年収は550万で手取り年収は約400万です
私(33歳)は現在専業主婦ですが新居が決まり次第勤める予定です
(最低2年は働き最低月収10万を予定してます)子供はいません。

現在検討している物件内容が
3LDK 79平米 3900万 頭金は諸費用込で100万です。

銀行からの借入審査は額面年収で判断されるとのことでギリギリ借入OKと不動産屋の営業担当の方にいわれました。
返済率は手取り年収の25%が理想とありましたが、そう考えると月々の返済額は約8万で購入出来る金額は3000万以内です。
なぜ額面年収では3900万の借入が可能なのに理想の借入額は3000万と900万もの差があるのでしょうか?
実際に私たちが購入できる金額はどのくらいなのでしょうか?
ちなみに現在は賃貸マンションで1LDK 51平米 月々の返済額は管理費込11万4千円です。

現在検討中のマンションを購入したい理由は2つあり
一つは年齢と将来を考えたときの為、
二つ目は私の夢を実現させる為です。

一つ目の年齢と将来については
主人は現在36歳、頑張って繰り上げ返済をしなくてはいけない、(賃貸では払うばかりでもったいない)将来両親と同居を考えた時に売却しやすい人気沿線で駅近物件であること。

二つ目の私の夢を実現させる為については
結婚を期に一度辞めたのですが、もともとアロマセラピストをしており将来的には自宅で開業をしたいと思い以前勤めていたお店のお客様が通いやすい場所であり、ある程度お金に余裕のある方をターゲットにした地域であること。(初めのうちは外で働きながら並行して自宅でもやっていく予定)

以上のことを踏まえた上で良いアドバイスをお願いします!
回答 年収でみた借入額と返済率について
回答者:田中 歩 回答日時:2009/05/04 18:05:56

回答に対するお礼やメッセージを送る:

はじめまして。うめさん。「株式会社あゆみ」の田中です。

銀行の借入審査は、額面年収、年齢、勤務年数、返済比率、審査金利(3.5%〜4%程度)をベースに「融資上限金額」を算定します。また、中古マンションの場合は築年数によって返済期間が左右されることもあります。

不動産屋さんが言うとおり、ぎりぎり39百万円の借入は可能かもしれません。恐らく、返済期間は上限の35年、審査金利3.5%(低めの基準)、返済比率35%程度で計算したのでしょう。

ただ、返済比率35%というのは、銀行目線の融資上限金額という意味であって、ゆとりある返済が可能な借入額とはいえないのが普通です。

理想的な返済額は、現在の賃貸マンションの賃料等11.4万円に住宅用の貯蓄額を合計したものから、購入するマンションの管理費、修繕積立金、駐車場料金、公租公課を控除した金額が理想的な返済額となります。

例えば、住宅用の貯蓄額が毎月5万円、管理費と修繕積立金で2万円、駐車場1万円、公租公課1万円と想定すると、11.4万円+5万円−4万円=12.4万円となります。この場合、返済期間35年、全期間固定金利3.5%で30百万円のローンが可能になります。

さらに、お子様の教育費などを勘案してゆとりある返済計画を立てる必要があります。

また、頭金が少ないので、銀行が売りたい変動金利型のローンでないと借入が難しくなる可能性があります。昨今の超低金利事態には、全期間固定か10年固定の商品を選んだほうがリスクが少なく、より安全と考えられますが、こういう商品は、売買金額に対して15%から30%程度の自己資金がないと審査が通りにくい傾向にあります。

無理に変動金利で借りてしまうと、金利が低い時期は問題になりませんが、金利が上がったとたんに返済額が大幅にアップし、家計を圧迫するリスクがありますので注意が必要です。

夢の実現には、ご両親などからの援助(贈与、借入等)などを組み合わせて、購入を検討されたほうがよいのではないかと思います。
田中 歩
会社名: 株式会社あゆみリアルティーサービス
住所: 〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町5−1 AIG兜町ビル3階
TEL: 03-6861-7535
メールアドレス: tanaka@ayumi-ltd.com
URL: http://www.ayumi-ltd.com/
中古マンションは玉石混交。物件の隠れた情報を少しでも引き出し、安心できるマンション購入を応援します。
回答 年収でみた借入額と返済率について
回答者:渡辺行雄 回答日時:2009/05/05 17:44:45

回答に対するお礼やメッセージを送る:

うめさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『なぜ額面年収では3,900万円の借り入れが可能なのに、理想の借入金額は3,000万円と900万円も差があるのでしょうか?』につきまして、住宅ローンを組む場合に幾らまで借りられるのかと、幾らまでならば無理なく返済していけるのかの違いです。

『実際に私たちが購入できる金額はどのくらいなのでしょうか?』につきまして、ご主人様だけの収入の場合は手取り月収金額の28%ほどに住宅ローンの負担割合が収まるようにしてください。

また、共働きの場合は、ふたりあわせた手取り月収金額30%ほどまで大丈夫です。

尚、具体的な購入可能金額につきましては、住宅ローンの金利により購入できる物件の価格も異なってしまいますので、残念ながら一概に申し上げることはできかねます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
渡辺行雄
会社名: PFオフィス・リアルビジョン
住所: 〒189-0012
東京都東村山市萩山町2-16-4-206
TEL: 042-391-5698 FAX: 042-396-8163
メールアドレス: info@fpreal.jp
URL: http://www.fpreal.jp/
リアルビジョンは住宅ローンをはじめ、個別相談専門のファイナンシャルプランナーが運営するPF事務所です
回答 年収でみた借入額と返済率について
回答者:寺岡 孝 回答日時:2009/05/06 02:52:06

回答に対するお礼やメッセージを送る:

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

ご質問の件ですが、できればもう少し自己資金を入れて購入されることをお勧めします。

この場合ですと、収入に対するローンの返済比率も高いですし、管理費等の負担をプラスするとかなりの割合になりますので注意が必要でしょう。

ご指摘の通り年齢等のことは考える必要はありますが、不動産を所有するとなると固定資産税や個別の修繕などは自己負担しなくてはなりません。
また、光熱費も住まいが広くなれば今より1.5倍ぐらいは増えます。
そう考えると、結構な費用はかかることは認識しなくてはなりません。

ご自身の夢を実現する意味でも、現時点では身動きできないような借入はされずに無理しないことをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。

詳しい説明が必要でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

マンションは今が買いどき??
http://profile.allabout.co.jp/fs/t-teraoka/column/detail/48254

不動産購入&住宅建築サポート 受付中!!
詳しくはこちら⇒http://profile.allabout.co.jp/pf/t-teraoka/column/detail/40612

マンション購入サポート 受付中!!
詳しくはコチラから⇒http://profile.allabout.co.jp/fs/t-teraoka/column/detail/42106

住宅ローンの審査基準
http://profile.allabout.co.jp/fs/t-teraoka/column/list/series/6119/?p=1
寺岡 孝
会社名: アネシスプランニング株式会社
住所: 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3−3−6 ワカ末ビル7階
TEL: 03-6202-7622 FAX: 03-6202-7623
メールアドレス: info@anesisplan.co.jp
URL: http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/
マンションなど不動産購入のセカンドオピニオンとしてお客さまを客観的にサポートいたします!
回答 年収でみた借入額と返済率について
回答者:小西吉弘 回答日時:2009/05/06 23:00:43

回答に対するお礼やメッセージを送る:

経営・経営法務・労務コンサルティング
マンション管理、管理組合コンサルティング
小西経営コンサルタント事務所
   dkcgs404@kyoto.zaq.ne.jp

「マンション管理コンサルタント」の小西です。

借入審査は不動産業者ではなく銀行が行ないますので、審査を受けて結果を待たないと分かりません。
主な審査項目は
・勤務先の審査
・業種の審査
 安定職種か不安定職種(危険職種)か。
・雇用形態の審査
 給与のみか、歩合給制か。
・返済能力がどの程度あるのか。
・資産状況(預金等)
 頭金や諸費用に充てるための自己資金がどの程度あるのか。
・他の借入状況の審査
クレジット・消費者金融でのキャッシングや、自動車ローンな
どを個人信用調査機関を通して審査。
クレジット、消費者金融でのキャッシングや自動車ローン等に
関しては、利用そのものが審査に大きく影響します。
 また、クレジットカードは使っていなくても、持っているだけ
 で審査に影響します。
・健康状態
 団体信用生命保険への加入が出来ることが貸し出し要件になる
 ので、告知扱いの生命保険加入審査があります。

「年収と年間返済額の割合」つまり、年間返済額は年収の何割まで、と上限が決められ、それから借り入れられる金額が決定するのです。
金融機関によって若干相違しますが、民間金融機関の年収と返済基準は下記のとおりです。
年収(税込) 年収基準(年収に対する返済額の割合)
150〜250万円未満 25%以内
250〜400万円未満 30%以内
400〜600万円未満 35%以内
600万円以上 40%以内
現在は、金融機関の競争激化などを理由に、借りられる金額は非常に大きくなっていますので借りられる可能性はあります。
しかし、目一杯かりてしまうと返せなくなるのがオチです。
せっかくマンションを購入しても返済に追い回されローン地獄、しいてはローン破綻をきた
す可能性もあります。
マンション購入は、人生で最も大きな買い物です、しっかりと資金計画を立て、倒産の確立の少ない売主の物件を購入することです。
現在の家計から安心して返済できる金額だけを借りるということが鉄則です。
金融機関などのホームページでシュミレーションをされるとよいと思います。
年収から借入可能額の計算(借入限度額)、購入可能価格、返済額などが簡単にできるようになっています。
小西吉弘
会社名: 経営・労務・法務コンサルタント/マンシヨン管理コンサルタント
住所: 〒614-8101
京都府八幡市川口浜19-17
TEL: 075-983-4844 FAX: 075-983-4844
メールアドレス: y.konishi1141@maia.eonet.ne.jp
マンション管理会社での体験を基に、管理組合の立場に立って、
中身のあるコンサルテングを行います。

質問一覧へ戻る
「マンションってどうよ?関東版」にはマンション購入にまつわる質問が8,000件以上も寄せられてます。このページでは、マンションの購入段階別にオススメの質問をまとめました。 あなたのお役に立てる質問がありますので、ぜひとも参考にしてみてください。
STEP1
マンション検討段階の方はこちら>>
STEP2
モデルルーム見学段階の方はこちら>>
STEP3
住宅ローン設計段階の方はこちら>>
STEP4
マンション売買契約段階の方はこちら>>
STEP5
売買契約締結後段階の方はこちら>>
STEP6
引渡し段階の方はこちら>>
STEP7
マンション購入後の方はこちら>>



質問一覧へ戻る
おすすめ
おNEWなマンションをチェック!早めの情報収集が◎!これから販売される物件 おNEWなマンションをチェック!
早めの情報収集が◎!これから販売される物件
   専門家のつぶやき 4コマ漫画「となりのマンション君」 緊急アンケート実施中 マンション値引き実態調査 第6弾!−あなたが今、マンションを買わない理由を教えて下さい−
MVP発表!

「マンションってどうよ?」
書籍のご案内 
詳しくは>>
メルマガの購読
メールマガジン最新号
第330回 フラット35S優遇幅縮小へ 2011年08月08日
購読はこちらから

おすすめ
マンションってどうよ?関東版ホーム > マンションの専門家に聞いちゃおう! > ローンと税金 > 年収でみた借入額と返済率について
ページの先頭へ
マンションってどうよ?関東版ホーム | 専門家に聞いちゃおう! | プレミアムサービス新築分譲マンションブログ集
新築分譲マンションを希望条件で検索! | 四天王コラム | マンション購入用語集 | みんなの広場 | マンション | 一戸建てってどうよ?
NPO法人とは? | 運営者情報 | 運営者の日記 | ご協力頂いてる専門家の方々 | 専門家募集 | リンク集 | 広告掲載 | 専門家タイアップ広告 |マスコミ掲載履歴| コラム執筆実績
Copyright(C)2006 特定非営利活動法人 住宅情報ネットワーク All rights reserved.
プライバシーポリシー | お問い合わせはこちら